カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

9992175【More Style】・アクリルケージケースWIDE・扉ありL/465インコ・ハートフルLL用

9992175

9992175【More Style】・アクリルケージケースWIDE・扉ありL/465インコ・ハートフルLL用

価格:

49,200円 (税込)

[ポイント還元 4,920ポイント〜]
購入数:

在庫

6個

返品期限・条件 特定商法・返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ご要望が多かったアクリルケージケースのワイド新発売!
今までのサイズだと、スペースがないためヒーターはケージ内に設置するしかありませんでした。
このアクリルケージケースWIDEはヒーターをケージの外に設置しても十分に安全な広さがとられています。


当店のアクリルシリーズはケース全体を磨き上げクリア度が高くとても美しい仕上がりとなっております。
ケース内の鳥さんとのコミュニケーションや鮮やかな羽色の視認性を損なう事なく、
餌や羽根などの飛びちりを防ぎ、衛生・保温にも効果を発揮します。


特徴/
●6面を覆うアクリルケースです。
●クリアアクリル仕様のため、視認性がよく、鳥さんとのコミュニケーションを遮断する心配もありません。
●底もありますので餌の飛び散り防止にもばっちりです。
●保温にも高い効果を発揮します。全てのモデルには左右側面に各4箇所ずつ計8箇所に直径28mmの空気穴がありますが、保温性が高いためヒーターをつける場合はサーモスタットとの併用をお勧めいたします。またお外でのひなたぽっこにご使用の場合は日よけ・内部温度にご注意下さい。
●サイド部分にはヒーターコード用の穴が空いています。
●防音にも多少効果がありますが、完全防音ではありません。特に大型やコニュアなどは緩和する程度です。
●扉付きタイプは前面扉部分がケース上部に簡単に格納可能。毎日の鳥さんのお世話にも邪魔になりませんし、換気も簡単です。
●全て工具を使わず手だけで組み立て、解体が簡単に出来ます。解体するとこんなにコンパクトなので収納にも困りません。
発売元/BIRDMORE
サイズ/
外寸・高66.3x幅70x奥55cm
内寸・高58.2x幅69.2x奥54.2cm
重量・約12kg
アクリル板の厚み・4mm
対応ケージ/ HOEI465インコ・ HOEIN465インコ手乗りHOEI465インコステンレスHOEI465インコステンレスプレミアムHOEIハートフルLLHOEI465オカメ
上記ケージ以外でも、内寸以下のサイズであればご使用できます。
組み立て図がある取扱説明書はこちらをご覧下さい。
https://www.birdmore-ec.com/acrylic1.pdf






注意/
●画像はWIDE・扉あり/35角・ハートフルL用の商品です。
●ケージやヒーター・サーモなどは付属しておりません。アクリルケースのみの販売です。
●保温器具を入れる場合は、常に内部の温度を管理してください。
●有機溶剤(アルコール、シンナー、アセトン等)は絶対に使用しないでください。表面が溶けて白濁します。
●このケージは屋内用です。屋外や水のかかるところでは使用しないでください。
●不安定な場所ですと、転倒・落下などで破損・ケガをする恐れがあります。必ず水平で安定した場所に設置してください。
●直射日光・ストーブなど直接高温になりえる熱が当たるところには設置しないでください。劣化の原因となります。
●組み立ての際は指などを挟まないように十分にご注意下さい。また、床などを傷つけないようにご注意下さい。
●製品の仕様は品質向上・改善のために予告なく変更する場合がございますので、予めご了承下さい。
●アクリルですので、アルコールや薬品類などで変質・変色、加熱すると変形・発火の恐れがあります。
●清掃の際は、ぬるま湯・水を使って洗った後、軟らかい布で水気をよく拭いてください。

警告/
●当商品は据え置き型で頻繁な移動に適していません。
●当商品を組み立てた状態で移動させる場合は必ずケースからケージを取り出し、単体で行ってください。 ケージを入れたまま移動されるとケース破損の原因となります。
●ご使用者自身、愛鳥さんの安全の為にもアクリルケージケースは必ず単体で持ち運ぶようにして下さい。
●本体の上に乗ったり重い物を乗せないでください。本体がゆがんで隙間に鳥が挟まってケガをしたり、破損・事故の原因になります。
●アクリル商品ですので強い衝撃を与えると割れることがございますのでお取り扱いにご注意下さい。
●ペットヒーターなどの高温のものは近づけないでください温度が80度以上になると変形・発泡し白濁することがございます。
●直火は燃焼する恐れがあります。火などを近づけないでください。
●取り付け金具類はしっかりと取り付けてください。破損・事故の元になります。
●本製品の改造は絶対に行わないでください。破損・事故の原因となります。






ページトップへ